Category Archives : 03中京区

「中京区民ふれあいまつり 2013」に参加しました

日 時:平成25年10月27日(日) 10:00~15:00

場 所:京都市立中京中学校グラウンド                                                                                   

                                                                       

 今年も中京区「人づくり」ネットワーク実行委員会は,「中京区民ふれあいまつり 2013」に参画し,ブースを出展しました。

 昨年はあいにくの雨で残念な結果に終わってしまいましたが,今年は天気も良く500名の子どもが参加し,写真のように大賑わいの一日となりました。

 今年も割り箸鉄砲作りやクラフトワーク,ペンシルバルーン作りを行いましたが,どのブースも長い列ができ,実行委員会のメンバーやお手伝いに来て下さったPTAの皆さん大忙しでした。しかし,工作体験に真剣に打ち込む子どもたちの表情やできた時の笑顔,それを見つめる保護者の方の目を見ていると「子どもを共に育む京都市民憲章」の実践と啓発に繋がったように思いました。

 これからも少しずつではありますが,活動を広めていきたいと思います。

???????????????????????????????

市長も駆けつけてくださいました。

nakagyokumin2

 

ふれあいトーク朱雀を開催しました。

日 時:平成25年11月1日(金)13:30~15:30

場 所:京都市立朱雀中学校

テーマ:「わたしの夢~“働く”ってどういうこと?~」                                     

                      

 中京区「人づくり」ネットワーク実行委員会が,毎年中京区の中学校を輪番で回って実施している「ふれあいトーク」を今年は,大人32名と1年生90名が参加し,朱雀中学校で開催しました。

 まず,1年生の生徒から,テーマである「わたしの夢~“働く”ってどういうこと?~」に基づいて社会状況や学校でのアンケート結果の発表をしてもらい,その後,各小グループに分かれて話し合いを行いました。

 事前に生徒それぞれが将来働きたい仕事について非常に丁寧にまとめた新聞を作成してくれていましたので,新聞の説明を各自にしてもらい,そこからアンケート結果も織り交ぜながらトークを進めました。アンケートによると朱雀中学校では,やりたい仕事が決まっている生徒が57%もいました。

 トークは,普段なかなか他の人と話さない内容だったので,最初は手探りで話しにくい部分もありましたが,夢と現実を両方話せるとても深い内容だったと思います。特に仕事についてどう思うかいろいろ聞いているうちに,生徒同士で他の生徒がどう思っているのかに興味が深まった様子だったことが印象深く感じました。

 生徒からは,「話を聞いて,仕事には楽しいこともあるけど,つらいことなどがあり,収入も大切だけど,人のためにがんばることも大切だと分かりました。」

 参加者からは,「とても現実的な今の中学生の姿にびっくりしました。私の中学生の時とは,情報量も内容も,充実したものを自分の中でちゃんと理解し把握しているところが違うなと感じました。」

 など,多くの感想・ご意見をいただき,今回も充実した時間となりました。

??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

 

 

 

中京区「人づくり」ネットワーク実行委員会・小P連中京支部合同研修会を開催しました。

日 時:平成25年10月30日(水)14:00~16:15

場 所:京都市立朱雀第二小学校

テーマ:「すぐに使えるコーチング入門~知らないと損をするコミュニケーション上達のヒント~」 

講 師:櫻井 敬介 氏(日本コーチ協会 京都チャプター会員)                                              

 

 昨年度に引き続き中京区「人づくり」ネットワーク実行委員会と小P連中京支部が合同で研修会を開催し,63名の方が参加されました。

 今年は,今話題のコーチングについて日本コーチ協会の櫻井 敬介先生をお招きしました。

 コーチングの基本的な内容を分かりやすく解説していただくだけでなく,「私たちは聞かれていない」という項目では,自分がどれだけ相手の話を聞いているのかを簡単なテストで確認したり,自分や話し相手を「コントローラー」「プロモーター」「サポーター」「アナライザー」の4つに分類し,相手の傾向に合わせた話の仕方を皆で話し合うなど,とても実践的で分かりやすい講演内容でした。

 参加された方からは,「実は,自分が全然話を聞いていないことが分かってショック。」「帰ってから,夫がどの分類になるかテストしたい。」「分類分けがあると相手に対する理解が深まり,話やすくなると思う。」などの感想・ご意見をいただきました。

??????????????????????????????????????????????????????????????

小P連中京支部指導者と中京区「人づくり」ネットワーク実行委員の合同研修会

◆日 時  平成24年9月19日(水) 午後2時30分~4時30分

◆場 所  朱雀第一小学校 食堂

◆講 演  「いのちの輝きを求めて ~ 絆・共育 ~」

        京都市教育委員会 指導部長 柴原 弘志 氏

 この研修会では,60名の参加者が熱心に講演を聞き,その後,7グループに分かれて感想を出し合ったり意見交換をしたりしました。講演では,いのちを大切にする心・絆・コミュニケーションの大切さを中心にお話しされました。 以下,いくつかの感想を抜粋します。

○地域の子ども達への接し方に背中を押していただけた感じがしました。京都の子ども達へ…「身近なおばちゃん」として気軽に話をしてもらえばいいなと思いました。

○規範意識を育てるには,本人が自己肯定感,自己有用感を認識するようにさせることが大切である。

○今の子ども達は,あまりにも多くの情報があり,規則的な生活をするのは難しいと思いました。

○生きることについて意義を見いだせなければ「いのち」を大切にする心は生まれてこない。

○絆について,相手に一方的に話しかけただけでも,相手は心の片隅で受け止めている。だから,それだけでも行っておけば,いつか絆はつながる。

 PTAの皆様と人づくりネットワーク実行委員が,地域の子ども達を中心において,世代を超えてそれぞれの立場で話し合えた有意義な研修会でした。

 この合同研修会が,具体的な取組のヒントになればありがたいと思っています。

  

        

「ふれあいトーク北野」北野中学校1年生みんなとお話しました。

写真◆日 時  平成24年1月20日(金) 午後1時15分~3時
◆場 所  北野中学校
◆テーマ  「社会の中のマナーについて」

  ふれあいトークの方向付けとして,中学校生徒会議アンケートより,町や地域でおかしいと思うことについて1年生の代表が話題提供をしてくれました。例えば,道端に座り通行の邪魔,電車の中で大声で話す,ごみを分別しないなどでした。    
  その後,24グループに分かれて話し合いました。大人の参加者も,中京区人づくりネットワーク実行委員を中心に多くの地域の方やPTAの皆様にお世話になりました。
  中京区では,学年全員の子ども達とふれあいトークをするのは初めてでしたが,全般的にじっくり楽しく話し合えたように思います。大人のアンケートの中から感想を2~3紹介します。
  ○初対面にもかかわらず,いろいろな話を中学生がしてくれました。家でのこと,親の態度や自分の将来のことなど。子ども達をつい上から目線で見てしまいがちでしたが,中学生はしっかり大人の言動や行動(特に親)を見ていると感じさせられました。
  ○テーマが社会の中のマナーと大き過ぎたので,学校やクラス,クラブ,家族など対象を小さくして話せるようにしました。私のグループは,本音かどうかわかりませんが,学校は80~90%楽しいと答えていたのが地域の者として嬉しかったです。
  ○中学生と話をすることが少ないので,今回のふれあいトークは良かった。
       
  今回のふれあいトークを参考に,大人にとっても中学生にとってもプラスになるような取組へと充実していきたいと考えています。

7件中5件表示