Archives : 2011年12月

「ほかほか子育てネットワークin嵯峨」 ~ 出会いを通して、ともに考えよう ~

◆日 時  平成23年11月21日(月) 午後6時30分~8時

◆場 所  嵯峨中学校

◆目 的  右京区全体で行うトーク事業とは別に,地域を限定したトーク事業を行う。

    「ほかほか子育てネットワークin嵯峨」は,右京区「人づくり」ネットワーク実行委員会が右京区全体に呼びかけて毎年実施している「ほかほか子育てネットワークin右京」の地域版で,嵯峨中学校では,昨年に続いて2回目の実施です。嵯峨中学校,嵯峨小学校,広沢小学校,嵐山小学校のPTA保護者のみなさん,地域諸団体のみなさん,そして、中学校の若手の先生方が参加されています。

参加者の感想は以下の通り。

 ・毎日,楽しく暮らしています。努力してでも楽しいことを作るようにしています。生きているなら楽しいほうがいいじゃない。

・(生活の)近いところに楽しい幸せはある。日常生活のごくごく当たり前のところに・・・日々感謝!

・自分の思っていることを話せることが大切なんだな~って。

 こんなステキな思いの残る話し合いでした。

「ほかほか子育て右京deトーク」

◆日 時  平成23年11月9日(水) 午後1時30分~2時30分

◆場 所  サンサ右京5階大会議室

◆目 的  右京区制80周年記念事業として,未来の右京について話し合う。

 右京区「人づくり」ネットワーク実行委員会と右京区役所の共催で「ほかほか子育て右京deトーク」を開催しました。

 8月の区制80周年記念のサマーフェスティバルでは,「右京夢みこし」で会場が盛り上がりました。小さい子どもからお年寄りまで,20年後の右京に想い馳せ,夢や願いを書いてもらった絵馬をみこしに飾り,それこそ右京の未来を背負っていく子どもたちがそのみこしをわっしょいわっしょいと力強く担ぎました。

 トークに先立っての「夢びらき」と称して,その「右京夢みこし」に込められた区民の皆様の夢や願いのお披露目しました。門川市長も参加されました。

 グループトークでは,6~7人ずつ12のテーブルに分かれ,夢みこしに込められた思い,「子どもも大人も笑顔いっぱいのまちにするために,みんなの力でできること」をめぐって話し合いました。

 子育て真っ最中の幼稚園児のお母さんから,子育て先輩のお年寄りまで,初めて出会ったいろんな世代の人たちが,子どものために何ができるか,それこそ,ほかほかと心が温まっていく話合いになり,また,新しい出会いとつながりが生まれました。

     

「右京区民ふれあいフェスティバル2011」

◆日 時  平成23年10月30日(日) 午前10時~午後3時

◆場 所  太秦安井公園

◆目 的  右京区制80周年記念事業「右京区民フェスティバル」で京都市民憲章の普及・啓発活動を行う。

  毎年,右京区「人づくり」ネットワーク実行委員会では,「子どもを共に育む京都市民憲章」を,より多くの人に知ってもらう普及・啓発活動をしています。

 本年度は,右京区制80周年ということもあり,テントもいつもの4倍の2張りも用意してもらい,「人づくり=右京の未来∞」のテーマで、右京区「人づくり」ネットワーク実行委員会を構成する諸団体を前面に出した運営をしました。

 「京都スクールパートナー21(PTAOB)」の皆さんは,「ストローとフーセンで作るブーブー」と「回るときれいなぶんぶんゴマ」,「ボーイスカウト」の皆さんは,「牛乳パックでつくる竹トンボ」,「NPO法人みのりの森劇場」の皆さんは,「飛んでグルグル」,「ガールスカウト」のみなさんは,「落花生をつかったかわいい人形」づくりをしてもらいました。

 子どもたちは,本来,ものづくりが大好き。年少さんくらいの小さな子も,お母さんにたよらず,自分で一所懸命作りました。大きい子も,ブーブーが,すぐならなかったり,飛んでグルグルも,うんと高く飛ぶようにと,工夫を重ねていました。

 一緒にものを作ることによって,はじめて会った,子どもと子ども,大人と子ども,そして,大人同士のつながりも生まれたようです。

 自分たちも,子どもに作らせてみたいと,材料や準備をたずねられるお母さんもおられ,つながりが,また,広がって行きそうで楽しみです。

 右京人づくりネットワーク実行委員会としては,「人づくり21世紀委員会の活動」と,「子どもを共に育む京都市民憲章」のPRをするとともに,夏祭りで,未来の右京区に対してかけた願いや夢を書いてもらった絵馬を飾りつけた「右京夢みこし」を展示し,さらに願いや夢をつないでもらうとともに,11月9日に実施する「ほかほか子育て右京deトーク」に参加してもらう呼びかけをしました。

   

左京「人づくり」ネットワーク実行委員会が平成23年度子どもを共に育む京都市民憲章「実践推進者」として表彰されました

写真

左京「人づくり」ネットワーク実行委員会を代表して表彰式に出席した世話役の長谷川さん

 本日,12月20日(火),左京「人づくり」ネットワーク実行委員会が,京都市から平成23年度子どもを共に育む京都市民憲章「実践推進者」として表彰されました。  

 この表彰制度は,今年度から新たに, 「子どもを共に育む京都市民憲章」の実践活動に関して他のモデルになる活動やユニークな活動に取り組んでいる個人や団体を表彰するものです。左京「人づくり」ネットワーク実行委員会は,3年にわたり取り組んでいる「早起き運動(コケコッコー運動)」が,「正しい生活習慣を,子どもが自分から楽しく身に付けるための取組」であると高い評価をいただきました。  

★★これまでの活動★★    

平成21年 9月  はやおき調査実施(区内の全児童に対し起床時刻等に対する調査を行う)  

平成22年 9月  はやおき調査実施(区内の全児童に対し起床時刻等に対する調査を行う)  

平成22年12月  早起き・早寝カレンダーの配布[Excelファイル]  

平成23年 5月  早起き・早寝カレンダーの配布(第2回),左京「人づくり」ニュース早起き版①の発行[PDFファイル]  

平成23年 9月  はやおき調査実施(区内の全児童に対し起床時刻等に対する調査を行う)  

平成23年12月    

ふれあいとーく in Ohara(23年11月14日実施)

◆日 時  平成23年11月24日 午後2時~3時半

◆場 所  大原学院

◆内 容  「大人として,今,子どもの育ちにどうかかわれるか」をメインテーマに,子どもたちの『生き方見つけ』の一助になればと,中学生(7・8・9年生)と地域の大人が将来の「夢」等について話し合った。

トークの様子や感想はコチラ→→→左京「人づくり」ニュース(ふれあいトーク版①)(PDFファイル:1.59MB)

左京「人づくり」ニュース ふれあいトーク版①(表) 左京「人づくり」ニュース ふれあいトーク版①(裏)

10件中5件表示