Archives : 2013年02月

北区人づくり実行委員会で「ほっこり子育てひろば」の研修

日 時    平成25年2月4日(月)  10時~12時 

場 所    北青少年活動センター

テーマ    ほっこり子育てひろば 「認める」

支援者   岩佐 恭子さん(北区人づくり実行委員会メンバー)

 

紫野児童館から北区人づくり実行員会と共催で「ほっこり子育てひろば」の実施依頼がありました。

実施日は2月16日(土)ですが当日実行委員会メンバーも参加をしますので事前研修会を持ちました。

この日の支援者は当日もお世話になる岩佐さんにお願いしました。

「認める」のプログラムは子どもの「いいところ」や「気になっているところ」を出し合いながら進めていくのですが,この日は子どもではなく「夫・妻」を対象にして考える内容で,参加者が3グループに分かれて話し合いました。

対象が「夫・妻」なので日頃は口に出して言えないことの本音が?いろいろと付箋に書かれていました。

          

『気になっているところ』では「気が強すぎる・小言が多い・トンチンカン」など他にもたくさん出されていました。

『気になっているところ』を見かたを変えていいところとしてとらえてみると「いろんな面でしっかりしている・日頃の問題に助言してくれる・大らかで細かいことにこだわらない」となりました。

話し合いの最後に相手に対して『いいところ』をどのような言葉で伝えていますか?の問いかけには「ありがとう・感謝してる・悪かったなあ・ごめんごめん・うれしいわ」といった感謝の気持ちや相手を思いやる言葉がたくさん出されました。

紫野児童館での取組の事前研修を兼ねた取組でしたが参加された実行委員のみなさんそれぞれが日頃の生活を振り返る大変良い機会になった時間でした。

      

     

大宮西野山児童館のほっこり子育て広場

日 時  平成25年1月24日(木) 10時30分~12時

場 所  大宮西野山児童館

内 容  少人数グループによる子育てトーク

 

 大宮西野山児童館と北区「人づくり」ネットワーク実行委員会」とが共催でほっこり子育て広場を開催しました。

 今回の取組は児童館が事前に保護者にアンケートをとり,どのような内容について聞いてみたいか,または興味のある内容はどんなことかなどをまとめてもらいました。

 アンケート結果から「しつけ」に関することを中心に話し合いをすることになりました。

 具体的なテーマは以下の6つです。

①わが子のいいとこみつけ ②子育て魔法の言葉 ③トイレトレーニング ④食べ物についての悩みごと

⑤寝かしつけお困り事 ⑥私のストレス解消法

 6つのテーマをサイコロの目にして参加の保護者にサイコロを振っていただき話し合いのテーマを決めます。

 始めに出たテーマは,「子育て魔法の言葉」です。参加の保護者から子どもに対して否定的な言葉かけでなく,子どもが次も頑張ろう,またやってみようなどの気持ちが持てる言葉かけが大切だという話が出されました。

 「魔法の言葉」で印象的だったのは,子どもが泣いている時や怒っているときなどにいつも「笑って」と声をかけてきた話です。

 子どもが大きくなり親がつらそうにしているときに子どもから「笑って」と声をかけられたということでした。

 その言葉で親も頑張ろうと思ったそうです。

 「子育て魔法の言葉」では 他に「ありがとう。助かった」「やればできる」などが具体例として出されていました。

 この後,用意されたテーマ全てについて話し合いをしました。

 会の運営や会場準備,当日の進行など全てを児童館が主体的に取り組んでいただきました。参加者からは次もこの様な企画があれば出席したいとか,話し合いの場づくりにもう少し工夫があればもっとリラックスしていろんなことが出せたなど次につながる積極的な意見が出されました。

 来年度以降の取組が楽しみです。

                       

 

2件中2件表示