Archives : 2013年03月

紫野児童館のほっこり子育てひろば

日 時     平成25年2月16日(土)    19:30~21:00

場 所     紫野児童館

テーマ     ほっこり子育てひろば 「認める」

ねらい     子どもの長所や短所は,親の認識によって変わるものであることに気づく。

         子ども一人一人の個性やあり様を認める。

         子どもの自尊感情を育む大切さを考える。

支援者     岩佐 恭子さん(北区人づくり実行委員会メンバー)

 

 

 紫野児童館と北区人づくり実行委員会とが共催で「子育て・ふれあい・とーきんぐ」をひらきました。

 当日は,7時から児童館主催で24年度の取組についての説明会がありました。子どもたちの1年間の活動の様子を写真を見ながら分かりやすく説明されていました。説明会終了後引き続き「ほっこり子育てひろば」を実施しました。

 説明会に参加された保護者の方19名が5グループに分かれ各グループに実行委員会メンバーが1名から2名入りました。

 各グループとも最初から活発に意見が出され笑いあり,うなづきありの楽しい雰囲気での意見交換が続きました。

 日頃は子育てについていろんな方と話をする機会が少ないお父さんの参加もありました。

  

 実行委員会のメンバーが「ほっこり子育てひろば」に参加する時はグループの雰囲気作りや聞き役にまわることが多いのですが,各グループとも盛り上がった話し合いでしたので今回は実行委員会のメンバーも保護者の方と同じように話し合いに加わっていました。

 約80分間の話し合いがあっという間に過ぎたように感じました。話し合い終了後のアンケートには

『皆さん同じ様な悩みを持ちつつ頑張っているなと励みになった。自分の子の可愛さに改めて気付いた』

『がみがみ怒らずやさしい気持ちで見守りたい,自分の子がやっぱり一番と改めて思いました』

『わが子の良いところを改めて気付いた』 

『自分の子どもは本当に可愛いと思いました』

『もっと感謝の言葉を口にしたいと思いました』 

『叱り方に新たな発見! 「いいかげんにしろ!」→「いいかげんにしてみる??」(コミカルニ)』

『この場に参加しなければ今のままでした。』  

など今回の話し合いのねらいにそった気づきや振返りがありとても良い研修会になりました。

1件中1件表示