Archives : 2015年03月

「人づくりニュース53号」を発行しました

 「人づくりニュース53号」を発行しました。

 今号では「あ、しまった…その時あなたは!?」と題した特集記事に加え,京都サンガF.C.普及部 部長 池上 正 氏の講演会のダイジェストなどを紹介しております。

区役所・支所や図書館等の施設にも配架していますので是非,御一読ください!

53

 「人づくりニュース」バックナンバーはこちら

 

「親と子がともに育む『下京つながりフェスタ』」

日 時:平成27年2月28日(土) 午前10時~午後3時

場所:下京青少年活動センター

 人づくり21世紀ネットワーク実行委員会の席上、下京区で、子育て支援に取り組んでいる様々な地域団体が一体となって、取組を進めて行くことはできないものかという声が上がり、下京区役所、教育委員会事務局と連携して「下京子育てつながろう実行委員会」を立ち上げました。その最初の取組として、親も子もともに楽しむ催しとして「親と子がともに育む『下京つながりフェスタ』」を開催しました。

区内小学生によるステージパフォーマンス

《和太鼓演奏 七条小学校和太鼓クラブのみなさん》

 「わたしたちは、七条小学校和太鼓クラブです。部員は、3年生以上で現在70名を超えています。太鼓をたたくのが楽しくてしかたないわたしたち。かっこいい姿を見てもらおうと先輩に教えてもらいながら、体いっぱい表現しています。今日は、わたしたちの元気いっぱいの姿を見てください。よろしくお願いします。」

演目  1 民舞 エイサー おじい自慢のオリオンビール  2 民舞 ロック・ソーラン  3 和太鼓 大安(だいあん) 作 仲西 晶子 

IMG_2314IMG_2335IMG_2345

会場を揺るがす大太鼓の大音響、体の芯まで響くリズムにのって、全身を使って躍動するステージでした。

幕間に下京警察署の方に交通安全のお話をしてもらいました。

《琴演奏 梅小路小学校文化部のみなさん》

 「梅小路小学校の文化部です。4年生と5年生の2人が活動しています。新しい曲にも意欲的に取り組み、いくつかの場で演奏させていただいています。

今日は、「三段の調べ」「虹色の海」「春の海」「ひやく」を演奏します。がんばりますので、応援よろしくお願いします。」

IMG_2349IMG_2370

和太鼓演奏と打って変わった静けさの中、雅びな演奏が始まりました。今まで梅小路公園や大江音楽堂などで大勢の人の前で演奏してきたこともあって、落ち着いて、ひと爪ひと爪に心が行きとどいた素晴らしい演奏でした。

幕間に七条第三小学校区の地域キャラクター「ナミット君」のパフーマンス、「妖怪ウオッチ体操」で、会場をさらに盛り上げてもらいました。

《ジャズ演奏 淳風小学校「すいんぐきっず」のみなさん》

 「今年度、結成した新しい部活です。全国的にまずらしい小学生のジャズバンドです。学校の夏祭りや校内コンサートと演奏活動を行ってきました。回を重ねる毎に演奏も上手になってきました。地域の方からの温かいご支援により、トランペットやトロンボーンなど楽器も寄贈していただき、本格的になりました。小学生が持つ感性豊かなノリノリな演奏で盛り上げます!!応援よろしくお願いいたします。 今日演奏するのは、「ルパンⅢ世のテーマ」「聖者の行進」「シング シング」です。」

IMG_2411IMG_2414

こじんまりとした学校で、小さな3年生から大きな6年生まで、「ジャズバンドしたい人寄っといで!」の呼びかけに応じて集まったそこらの子どもたちという感じで、ぴったりと息の合った演奏でした。ウンパ、ウンパの手拍子で会場と一体となり、アンコールも。今年で卒業の6年生のソロ演奏は、これが小学校最後の思いもあってかさすがでした。

区内中学生によるコーナー 

《七条中学校生徒さんによる遊びのコーナー》

「下京ふれあい広場」に続いての「遊びコーナー」です。今回は、生徒会のみなさんにくわえて、ハンドメイク部、美術部のみなさんが活躍してくれました。

今回は、定番の「はてなボックス」 に加え、自分たちで工夫して作った「輪投げ」で子どもたちを大いに楽しま せてくれました。

 がんばった子どもにほうびをあげたいと、みんなで力を合わせて、何日もかけてミサンガを編んでくれました。写真は、「どれがいいかな。」と声をかけ、小

さい子が選んで選んでいるところです。

IMG_2352IMG_2353IMG_2358

《下京中学校生徒さんによるお茶席》

  「下京ふれあい広場」では、「遊びコーナー」や「古着交換会」で、お世話になりましたが、今回は、伝統文化部の持ち味を生かして、お茶席を開いてくれました。

ひとつひとつの所作に日頃からのお稽古の成果がにじみ出ていて、静かな中に凛とした緊張が広がり、心休まるひと時を過ごすことができました。

IMG_2427IMG_2425

《手作りおやつコーナー》

 手作りおやつは「マシュマロ・サンド」

です。マシュマロを竹串にさして、コンロで温め、少しこげめがついてトロトロになったところをハーベストではさんで出来上がりです。今回お世話になった下京青少年活動センターの学生ボレンティアさんの担当です。さすが若者、小さい子どもとピッタリカンカンのかかわりでした。

IMG_2428IMG_2430

《模擬店 うどんコーナー、炊き込みご飯コーナー》 

  PTAとの合同の研修会の計画から文字通り、親と子がともに楽しむ会にしたら…。サマーフェスティバルやふれ愛ひろばのように遊びのコーナーも、1日開催にして、お昼の軽食も……、だんだん思うが広がり、準備が後から追いかけることになってしまいました。地域女性会のみなさまには、急なお願いになりましたが、快くお引き受け頂き、本当にありがとうございました。

《どらりん劇団 子育てJOYトーク》

 午後は、右京区を足場に「太秦二土の市」「太秦キネマ館」「自然幼稚園キッズクラブ」などの取組や、ミニコミ季刊誌「右京じかん」の発行など多彩な活動をしている、子育て支援からスタートした現役お母さん、お父さんのNPO法人「子育ては親育てみのりのもり劇場」の「どらりん劇場」(森淑子団長)の「子育てJOYトーク」です。 ワハッハッと人ごとのように笑いながら、ふと自分のことではないか……?と気づく、そんな家庭や、近所でのひとコマを劇で提案されました。

P1120624P1120630P1120637

子どもに食事中ケータイにさわらないと言いながら、おかあさんがケータイに出たり、コンピューターに夢中で、大事な子どもに話に上の空のお父さん、メディア全盛の今を、自分の姿から振り返りました。

 朝になってから、学校で牛乳パックがいるといった娘のために牛乳をがぶ飲みするお母さんとお父さん、「そんなことようあるある!」場面、「もおう!もおう!」と言っているうち、おかあさんが牛になってしまってチャン、チャン!みなさん大笑いのうち幕が下りました。

 質問の時間もあり、PTA役員を決める時のお母さんの会話を、アンコール、アドリブで演じてもらいました。 また、来てほしいという思いがつのり、下京区のふれあい事業でもお願いする計画が進んでいます。

 

「ふれあいトーク梅小路」

1 日  時  平成27年2月4日(水) 午後2時05分~3時35分

2 場  所  京都市立梅小路小学校  ランチルーム  

3 テーマ 「こんな大人になりたい!」  ~将来の夢をめぐって~                             

 梅小路小学校の6年生児童と人づくり実行委員、PTA保護者、地域の大人が、それぞれグループに分かれて、どんな大人になりたいか将来の夢をめぐって話し合いました。

 梅小路小学校では、キャリア教育に取り組まれ、研究発表会の授業では、京都水族館のイルカのトレーナーがゲストティーチャーとして参加され、高校生の時から抱いていた動物に関わりたいという夢を実現した話を子どもたちにされていました。嫌がられるかと心配しながら何度も何度も電話したことが、動物と付き合うには、そんな粘りが一番大事ということで採用されたことが子どもたちの心を打ちました。

 担任の先生のご協力を得て、子どもたちは事前に「将来の夢、こんなおとなになりたい、夢に向かってがんばっていること」などアンケートを書いてもらって話し合いに臨みました。

以下は、全体会での各班代表児童の1分間発表です。  

1班 ぼくたちの班では、6時間ぶっ通しでゲームをして午前4時に寝た人がいて、その話で盛り上がったりして楽しかったです。

2班 初めての人としゃべるので、最初は緊張していたけど、ゲームをして慣れてきて、しゃべるのが結構楽しかった。質問とか聞いていてたりして、この企画はよかったと思った。盛り上がったのは、自分を動物に例えたこと、憧れる人は出さへんけど心で決めていた。

3班 みんなが将来を頑張って目指してるのがわかって、うれしかったです。みんな、愉快だった。ぼくも頑張っていきます。

4班 この「ふれあいトーク」を通して経験からのアドバイスを聞かせてもらった。大人になって、こんな人になりたい。未来図が固まってきたし、今日、聞いたことを目指して頑張っていきたいと思いました。今日の話し合いで盛り上がったことは、2班と同じ、動物に例えたことです。

5班 将来の夢についてしゃべって、それぞれのんがわか った。話しているとき、やさしく接してくれたので、心が落ち着いた。親に対する態度の示し方とか教えてくれたのでよかった。

6班 最初、アンケートを書いて、みんな、どんな将来の夢を持っていて、どんな人に憧れているのか楽しみだった。途中で変になったけど、政治の話とか友だちの話とか、大人の人がたくさんアドバイスしてくれたので、いい経験になった。

7班 将来に向けてコツコツと頑張ったら、かなえられると教えてもらった。自分の目につくところに目標を貼っておくといいと教えてもらった。反抗期のとき、言われたことを右から左へ流す。自分も怒られずに済むと教えてもらった。自分もそうしてみようと思った。

8班 今日の話で、大学のとき、時間がいっぱいあると教えてもらったので、そのときできることをしておこう。今は、目標とする人いないし、その時までに見つけておこうと思った。

9班 今日、話をして、ひとつの話から盛り上がって広がっていたので、そこが面白かったです。こんなふうになれたらいいな。一人一人がどんな人になりたいかよくわかった。みんな頑張ってほしいと思った。

  参加した大人は、梅小路小学校の6年生の子どもたちが明るく素直に育ち、自分の意見や将来の夢をしっかり話せる姿に感動し続けでした。また、子どもたちも、地域の大人の人が何でも受けとめて話を聞いてくれるので、自分たちの思っていることをどんどん話せたこと、自分の体験をもとにいろいろなことに教えてくれたことをうれしく思いました。大人も子どもも、今日のふれあいを通して、ほっこりとした気持ちになったひと時でした。「いい企画だったので、またしてほしい」という子どももいて明るい笑いが会場に広がりました。

     IMG_2235 IMG_2265IMG_2266IMG_2267IMG_2261 

IMG_2259IMG_2290IMG_2287IMG_2253IMG_2270

3件中3件表示